自分だけの武器を持とう!

独立・起業コンサルタントの沖です。

あなたにとって

これならば普通の人には負けない

と自分で思える分野、すなわち武器はありますか?

ID-100147922

スポンサーリンク

以前として雇用は不安定

いきなりそう言われても難しいかもしれません。

しかし、前回の記事でも述べましたが
これからは

職を失う人が増えてくる

ということが避けられない時代となるでしょう。

アベノミクスと言われ、景気が回復しているという意見があります。

それは確かに正しいです。

一部企業ではボーナスが上がっています。

有効求人倍率も確かに右肩上がりになっています。

ですが、それはあくまでも一部での話です。

一部の人にとっては好景気を感じると思います。

しかし、依然として雇用は不安定であり、求職者も増加している事実があります。

何でも武器にすることが出来る


そのような中で大事なのは、
自分だけの武器を持つことです。

それは難しいことではありません。

なんでも武器になります。

それはつまり、あなたの得意なことや好きなことを
これからの時代を生き抜くための武器に変えることが出来るということです。

例えば私の場合、
元銀行員なので普通の人よりは財務や融資に関する知識があります。
ファイナンシャル・プランナーでもあるので、個人の資産運用の相談に乗っていたこともありました。

また広告・人材会社での勤務も経験しているので、
キャリア形成の支援やキャッチコピーを作ることを得意としています。

スポーツでは野球が大好きで
学生時代は野球部に所属していました。
なので小学生くらいになら野球のコーチも出来ます。

サラリーマンこそ自分だけの武器が必要


このように、
自分の過去の経歴や体験から
自分の得意なことや好きなことが出てきますね。

そしてこれらは、生き抜くための武器に十分なりうるのです。

小学生に対する野球のコーチだって、
一日コーチしたら、チームから指導代として1000円くらいはもらえるでしょう。

一日で1000円の収入じゃあ生き抜くのは無理です。

しかし、その分野の徹底的に磨いて
専門性も身に付ければ誰にも負けないプロになることは可能でしょう。

プロになれば、もっと多くのお金を得ることが可能です。

私は
サラリーマンこそ、このような武器を身に付けるべきであると考えています。

個人事業主やフリーランスの人は、
一人のお客さんを失っても、
他のお客さんからの収入があります。

ですが、サラリーマンは会社というスポンサーを失ったら
収入の全てを失います。


仮に景気が傾かず、数年間、サラリーマンを続けたとしても、
役職でもつかない限り給料の上昇率はせいぜい5%弱でしょう。

ならば、今のサラリーマンの収入だけでなく、もう一つ武器を持ったほうが良いと思います。

いきなり武器を作ってお金を稼ぐとまではいかなくても、
少なくともそうなるための下地は作っておくべきです。

それはどういうことだと思いますか?

それはつまり、専門性を身に付けることで、
あなた自身を商品として売り出すということです。

そのことを通じて、お金を稼ぐ仕組みを少しずつ作っていくのです。

これからの時代は、このような能力が少なからず要求されてきます。

そのときのために、自分の専門分野を考え、
今から下地を作っていきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする