「やりたい事」を見つけるために今日からすべき3つのこと

独立・起業準備コンサルタントの沖です。

今週、先週と二週続けて、「やりたい事」がわかりません。

という相談を受けました。

最近、このような相談を受けることが増えてきているので、

今の状況にモヤモヤ感はあるものの、どうしたらいいかわからないから一歩が踏み出せず、

結局、今までと変わらない生活を送らざるを得ない人が多いと改めて実感しました。

私は、やりたい事や好きなことをビジネスにしていく、というコンセプトを持っていて、その支援をしているわけですが、

そもそも肝心な「やりたい事」がわからない・見つからないって言ってる人がすごく多いんですよね。

まぁこういってる私自身も、何がやりたいのかわからずにいて、

毎日毎日悩んで、

気づいたら一週間、一ヶ月経っていた

なんて経験をしてました。

私自身の経験をもとに、

この悩みから抜け出す方法を考えてみました。

スポンサーリンク

悩んでいる人は独立・起業出来る素質がある

そもそも、あなたは何で悩んでいるんですか?

だってさ、別に悩まないで今のサラリーマンとしての仕事をやってればいいじゃん。

そうすれば、ある程度の収入は保障されているし、年金や保険についても会社に任せておけばいいわけだし。

また、「やりたい事」がある!って言っている人って、周りの人の見かたによっては

「現実を見て今の仕事に集中しろ」「夢ばっかり言ってないで今の責任を果たせ」「やりたい事で食っていけるほど甘くない」

なんて思われたりするんですよね。

でも、それって違うと思うんです。

そういう「悩み」を持ってる人って、悩みもなく働いている人と比べて

自分なりに叶えたい想いとか信念があるわけなんですよ。

ただ、それの実現方法がわからないだけ。

わからないから、

「やり方わからないし、先も不安だから、モヤモヤするし不満もあるけど今のままの生活でいいや!」

ってなっちゃうんですよね。

それって、すごくもったいないと思います。

スキルや経験は後から身に付ける事が出来ますが、

「信念」ってやつは意識して身に付けられるものではありませんからね。

「やりたい事」がわからないってのは、

裏を返せば、信念を形付けられるって事になるんです。

では、やりたい事を見つけるために今日からすべき3つのことについて。

①やりたくない事を書き出す

私はやりたい事ってのは、やりたくない事の反対にあるものであると考えています。

私は銀行員時代、リクルート時代、飛び込み営業や電話営業を行い、必要としていないお客さんに対してお願いベースで商品を買ってもらっていた事が多くありました。半ば、押し売りみたいな真似もしました。

私はこれらの事は本当にやりたくなかった。

だって、ほとんどの場合、お客さんに対して迷惑かけたり嫌な思いをさせたりして、そんな事をしている自分自身も嫌になりました。

だから私はそういう営業方法を止め、お客さんに選んでもらう営業方法つまり、インバウント・マーケティングを勉強し、実践してきました。

つまり、これが私が「やりたい営業方法」だったわけです。

あなたもやりたくない事を紙に書き出してみましょう。

・飛び込み営業

・事務仕事

・接待

・そもそもサラリーマン自体

なんでも、良いです。まずはどんどん思いつくがままに書き出していきましょう。

②好きな事を書き出す

次に好きな事について書き出してみましょう。

これも何でも良いです。

でも、意外と好きな事を挙げるのって難しいですよね。

特に好きな事を基準にやりたい事を見つけようとか、ビジネスに結び付けようとか意識しちゃうと色々考えちゃって挙げづらくなってしまうかもしれません。

もちろん、ずっとやってきた趣味などがあったりする人は、それをビジネスに結びつける方法とかを考えていけばいいです。

私の地元の友人はビーズ作りが趣味で、

作った作品を定期的にブログにアップしていました。

そんなことを続けていたら問い合わせが来るようになり、今では手作りビーズアクセサリーの通販を行っています。

でも、そういう趣味がないって人もいますよね。

私はそうでした。

そんなときは過去の経験に基づいて好きな事ややりたい事を見つけていけばいいんです。

好きな事が書き出せなかったら、過去を振り返って嬉しかったり経験や感動した経験を書き出していきましょう。

③自分自身の経験を棚卸をする

嬉しかった経験や感動した経験を書き出すには、自分自身の過去を棚卸する必要があります。

過去を振り返ってみてください。

嬉しかった経験や悲しかった経験、悔しかった経験、あなたも様々な経験をしているはずです。

その中で、誰かにされて嬉しかった事、あなたが何かをした事によって感謝されたこと、などを書き出していきましょう。

私の場合、それは学生時代に行っていたスターバックスでのアルバイト経験です。

一杯のコーヒーを提供する事でお客さんに感謝され、笑顔にする事が出来る。

一見するとただのカフェでのアルバイトですが、私にとってはホスピタリティに溢れたサービスを提供する事でお客さんに感謝や喜びを与える事の出来る貴重な経験でした。

こんなちょっとした経験でいいんです。

私はここから、

やりたくない事である迷惑のかかる営業と

お客さんに対してホスピタリティを持って接して感謝してもらいたいという想いを組み合わせて、

今のようなコンサルティングを始めるに至りました。

このような経験はあなたにもあるはずです。今はただ気づいていないだけ。

そんな経験に気づくためにも、まずは過去を棚卸し、経験を書き出していきましょう。

まとめ

ここまで、ときかく書き出すんだ、とお伝えしてきました。

この、「書き出す」という事が一番大切で、今日から実践して欲しいんです。

人間って、どんなに良い考えが思いついても書き出さないと忘れちゃうんですよ。

また、頭の中で一度整理したことも、新しい情報が入るとごっちゃになってしまうんです。

だから、忘れないために、またごっちゃになって自分自身を見失ったとき、元に戻れるように書き出すんです。

しばらくこれを続ければ、自分自身を第三者として客観的に見ることが出来るので、新たな発見などがあるでしょう。

そうしていけば、あなたの「やりたい事」が見えてくるはずです。

まだ完全には見えてこないかもしれませんが、モヤモヤした状態からある程度、形付けられたら大きな前進です。

まぁ結局のところ、わからないって言ってる時間があったら行動してみようよ!ってことです。

では、今日はここまで!読んでいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする