独立開業のために自分の媒体を持たなければならない理由

ID-10094969

独立・起業準備コンサルタントの沖です。

職業柄、転職相談を受けることも多いのですが、最近は社労士や公認会計士などの資格を取得し、士業で一度独立をした人からの相談を受けること増えてきました。

つまり、士業で独立しても食っていける程の収入が得られないから、サラリーマンに戻って普通に働きたいということです。

スポンサーリンク

士業で独立するにもマーケティングスキルが必須

公認会計士や社労士は依然として難関試験です。

独立開業して軌道に乗っている人は1000~2000万円くらいの年収を得ている人がいます。

一方で、年収が300万円に満たない人もいます。年収200万の弁護士だっています。

もちろん、元々親などが事務所を経営していて、そのまま後を継げば初めからお客さんの基盤があるので、比較的容易に事業を軌道に乗せることは出来るでしょう(その後については本人のスキル次第ですが)。

しかし、まっさらな状態で独立開業して、軌道に乗る人と乗らない人の違いは何なのでしょうか?

人脈や開業する場所にもよるかもしれませんが、一番の違いは

マーケティングスキル

です。

自分が独立開業したいと考えている場所はどのような市場で、どのようなニーズがあるのかをしっかりと把握しなければなりません。

一昔前であれば、士業の資格を頑張って取れば高収入が得られ仕事にも困らない、と思われていたかもしれませんが、今は違います。

独立開業しても結局廃業してしまったり、資格だけ取っても一般企業でサラリーマンをするしか働き口がなく、自分に知識やスキルを活かすことが出来なかったりすることが多いです。しかも、一生懸命試験勉強して試験に合格したのに、普通のサラリーマンとほとんど変わらない収入で。

そのようにならないためにも、マーケティングスキルを疎かにしてはいけません。

自分の媒体を持ってお客さんに見つけてもらう

そしてなりより重要なのは、自分の媒体を持つということです。

ホームページやブログ、SNSなど、今では誰も小資本で自分の媒体を持つことが出来ます。

独立開業して上手くいっていない人は、ここを重要視していません。

私は士業の方から、

「独立して失敗したので転職先について相談させてください」

と依頼を受けたら、まずそ方の名前や事務所名をネットで検索します。

すると、ほとんどの場合ヒットしません。ヒットしても、ちょろっと名前が載っている程度で、自分のホームページやブログはありませんでした。

これでは、上手くはずがありませんよね。その人がとても優秀で人間的にも優れていたとしても、周りに知ってもらえてないのだから、お客さんがあつまるわけがありません。

知り合い経由の口コミだけでは限界があります。

「私はこういう経験と能力があるので、こういうことが出来ます。なので、あなたの役に立ちます」

ということを発信しなければ、集客にはつながりません。

だって、そうでしょう?

誰でも知っている大企業だって、ホームページを持ち、他にもCMや広告を出しています。名前を聞いたことのない中小企業だって、ネットで検索すればホームページくらいはだいたい持っています。

そうやって、自らを発信し、お客さんに知ってもらう努力をしているのです。

法人だってこのように発信をしているのだから、個人で独立開業をする人も自らを発信しなければお客さんは集まりません。

今は

「お客さんに見つけてもらう時代」

です。

例えばあなたが東京都に住んでいて、弁護士に仕事を依頼しようとしたら、

「東京都 弁護士」

というキーワードでまずは検索をしますよね。

更に絞って

「東京都 港区 弁護士」

で検索するかもしれませんし、

仕事の依頼内容が相続だったら、

更に更に絞って、

「東京都 港区 弁護士 相続」

というワードで検索することもあるでしょう。

現代ではジャンルを問わず、ほとんどの消費者がこのようにWEBを使って、自分にとって必要な物や情報を探して自ら取りに行く時代です。

そのような中で、あなたが自分の媒体を持たずに独立開業していたのなら、まず発見すらされません。

そして、媒体を持っている同業他社にお客さんをどんどん取られてしまいます。

人脈やコネで自分を売り込むことも大切ですが、それだと限界がありますし、効率も良くありません。

自分の媒体を使って、

見つけてもらう

ということを強く意識することが必須です。

専門分野の明確化

しかし、ただ発信をしているだけでは他と差別化をするこが出来ません。

単に「私は東京で弁護士やってます!」って言ってるだけでは効果は薄いです。

例えば私は、

サラリーマンで独立・起業を考えている人に対して初めの一歩を踏み出すための支援をし、事業を軌道に乗せる

というコンサルティングを行っているので、ただのコンサルタントではなく、

独立・起業準備コンサルタント

としています。

サラリーマンでも単なるサラリーマンではなく、業種によって持つ知識やスキルが違うので、そこで差別化が図れます。

あなたが弁護士で独立したいと考えているのなら、得意分野はなんでしょうか?

相続問題に特化した弁護士、離婚問題に特化した弁護士、民事裁判に特化した弁護士…etc

このように、自分のことを単に弁護士と発信するのではなく、何が得意なのかを明確にすれば差別化を図ることが出来ます。

ケーキ屋さんで独立するなら、なんのケーキがその店の看板商品なのか

カフェで独立するなら、どんな飲み物に力を入れているのか

このように、専門分野を明確化させて、発信していきましょう。

まとめ

結局のところ、独立開業して失敗してしまうのは集客が出来ないからです。

業務の能力の問題ではありません。

仕事では一流の力があるのに、それを周りに知ってもらえないで埋もれるのってもったいなさすぎますよね。

なので、自分の媒体を持って発信しなければなりません。

これは独立開業するなら必須です。

初めは効果を実感できず、悶々とする期間もあるかと思いますが、まずは始めてください。

もう一度言いますが、大企業だって中小企業だって個人だって、みな自分の媒体を持ってます。

始めて、徐々に修正して、ブラッシュアップさせていけば必ず集客につながる自分だけの媒体になります。

ブログやSNSは基本的に無料で誰でも始められるので、まずは一歩踏み出してやってみましょう!

↓ブログのご意見・ご感想はこちらまで↓

筆者にfacebookでヤジを入れる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] が必要です。知名度・集客力を高めるには弁護士としての実力派もちろん、顔を売る営業活動をする必要があると思います。だからこそテレビ出演する弁護士が増えているのでしょう。 […]