このままでは社会に殺される!

独立・起業コンサルタントの沖です。

前回までの記事で
転職市場の実態を簡単に書かせていただきました。

今までも述べてきたように、
私自身は転職を推奨していません。

キャリアダウンになる可能性が高いから、
という理由からですが、理由はもう一つあります。

転職とは、勤務する会社は変わるものの
サラリーマンであることには変わりありません。

これからの時代、

サラリーマンほど不安定な存在はありません!

ID-10052537

スポンサーリンク

大企業でも安心できない時代

公務員とかは例外かもしれませんが、

「来月からもう会社に来なくてもいいから」

こんな、外資系企業で見られるようなことが実際に起きる日が、
もうすぐそこに来ているのです。

とはいえ

「大企業や安定企業に入れば安心だ」

と思っている人も多いでしょう。

しかし、その根拠はどこにあるのでしょうか?


レコードはCDに取って代わられ
今では完全に姿を消しました。

ビデオテープもDVDに取って代わられ
姿を消しました。

これはつまり
レコード針を作っていた企業や
ビデオデッキ専用部品を作っていた企業が
姿を消した、もしくは大幅に事業を縮小せざるを得なくなった

ということなのです。

最近でも、
パナソニックシャープなどの有名大手メーカーが大赤字を出しました。

このことを予測できたでしょうか?

多くの人が予測できなかったと思います。

それはつまり、
「大企業や安定企業に入れば安心だ」

という考えは、ただの楽観にすぎないのです。

そして、言うまでもありませんが
日本の雇用環境は大きく変わってきており、
昔よりかなり厳しくなってきています。

転職希望者の増加→職を失う人の増加


私は転職に係わる仕事をしていますが、
転職マーケットが日々大きくなってきていると実感しています。

求職者の数、すごく多いです。

これはつまり、

職を失う人が増えてきている

ということなのです。

「終身雇用」が崩壊し、
「雇用の流動化」という言葉が現れました。

これは労働者側から見れば

「リストラされやすい状態」

になってきており、
労働者が企業から追い出される時代の到来を意味しています。

パナソニックやシャープの状態を見れば明らかです。

自分自身の棚卸を通じて自分の武器を発見する


では、そのような時代を迎えるにあたって、
我々はどうすべきか?


社会に流されますか?

職を失いますか?

職を選ばず、やりたくもないことを我慢してやりますか?

ただただ愚痴を言うだけですか?

そんなことをしている場合ではないです!

そんな状態じゃ、
精神的にも金銭的にも豊かな生活は送れません!

そんな人生、つまらないし、辛いだけです。

そんな人生にならないために、すぐに行動しましょう。

やるべきことはただ一つです。

いつリストラされても良いように自分で稼げる力をつけるしかありません!


自分の武器をつくる

自分の武器を見つける

これ重要です。

まずは自分の得意分野や好きなことを棚卸して、
それが武器になるようにしていきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする