メルマガに頂いたご質問にご回答させて頂きました。

ID-100215017

糖質が気になるので、最近はグリーンラベルばかり飲んでます。

独立・起業準備コンサルタントの沖 成章(おき なりあき)です。

昨年の10月末からメルマガを発行させていただいているのですが、私自身が予想していたよりも反響があり、毎日多くの方に新規登録を頂き、嬉しい限りです。

ただ、今までは一方的に送りつけているだけでした。

正直、読むだけでは疑問や質問したいことが出てくると思います。

私自身も、より良い情報発信をしていきたいと思っており、またせっかくご縁あってメルマガに登録して頂いたのだから、読者の皆様とコミュニケーションを取っていきたいと思っています。

なので、年明けから

「良かったら感想教えてくださいねー。質問があったら何でも答えますよー。ぜひお気軽にご返信ください。」

って感じな一文を加えたら、ありがたいことにほぼ毎日感想やご質問を頂きました。

その中で特にご質問の多かった項目についてピックアップして、今後はブログでも回答していきたいと思います。

スポンサーリンク

本当に好きなことをビジネスにすることが出来るの?

はい、まずはこちら。

「今まで特別なことは特に何もしてきませんでした。それでも自分の好きなことをビジネスにすることが出来るのですか?」

結論から言うと、どんなことでもどんな分野でもビジネスとして成り立ちます。

もちろん、無理なこともあります。

例えば私は野球が好きですが、野球が好きだからと言って明日からプロ野球選手やメジャーリーガーになることはほぼ不可能です。

では、どのようにしてビジネスとして成り立つ分野を見つけるのか?

簡単です。ご自分の過去を棚卸すればいいんです。

どんな人だって20年くらい生きていれば、その人にしかない経験やスキル、知識を身に付けているはずです。

ご質問にあるような「特に何もしてきませんでした」というのは単に自分自身のことがまだよくわかっていないということです。

そして、好きなことや得意なことというのは、基本的にやることが苦痛ではなく楽しいはずですから、多くの時間を割いています。

この時点で、普通の人よりも多くのスキルや知識を身に付けているのです。

それでも、何が得意かわからない、という人もいるでしょう。

そうなったら、ご自分の信念を振り返ってみましょう。

今までの人生で良かったこと、楽しかった、辛かったこと、疑問に思ったこと、不満に思ったこと、これらを挙げると自分の信念が見えてきます。

私の場合は、働きたいのにちょっとつまずいただけで評価されない若者や就職で差別を受ける女性を見てきて、そんな世の中であることに対してとても疑問を持っていました。

また私自身も営業職として飛び込み営業や押し売りなどをしてきて、会社のためとはいえお客さんに大きな迷惑をかけていたことに不満を持っていました。

このような経験から、独立・起業して自立したい人や就職に苦労している人を支援したい、押し売りではなく必要とされる人に自分の価値を提供したいという想いが出てきて、インバウンド・マーケティングを利用した独立・起業の支援をするようになりました。

なので、好きなこと、やりたいことがわからない人は

自分の経験×自分の信念

ということにフォーカスして自分の棚卸をすれば、自ずとやりたいことが見えてくるはずです。

ペルソナってこんなに細かく設定しなきゃダメなの?

次はこちら。

はい、私も確かに当初はこんなに細かく設定する必要があるのか?と思っていました。

メルマガの中で私は以下のように述べさせていただいてます。

「氏名、年齢、性別、居住地、職業、勤務先、年収、家族構成といった定量的なデータだけではなく、その人の生い立ちから現在までの様子、身体的特徴、性格的 特徴、人生のゴール、ライフスタイル、価値観、趣味嗜好、消費行動や情報収集行動などの定性的データを含めて、あたかも実在するかのような人物像を設定します。」

結論から言うと、ここまで設定する必要があります。

一つの例として、20代の若者をターゲットとした飲食店を開業するとしましょう。

「若者向けのお店ですよ!」こんなありきたりなことを言っても、ターゲットには刺さりません。

ならば、25歳、社会人3年目、年収400万円、独身、一人暮らしetc…のように絞れば、その絞ったターゲットにはほぼ刺さります。

そして、全部には当てはまらなくても、25歳、社会人3年目、年収400万円という3つ満たしている人にも刺さる可能性が十分あります。

つまり、細かく「ペルソナ」を設定すればするほど、ターゲットに刺さる可能性が高くなり、かつ少しかすったターゲットに対しても刺さる可能性が出てくるのです。

また、ここまで細かく設定することで、自分の軸がぶれることもなくなります。

人間、ビジネスをしていると、どうしても多くの人に受けれてもらいたいと思うものです。

そうしてターゲットを広げていくうちに、どのターゲットに対しても中途半端になってしまい、結果として誰にも響かなくなってしまいます。

大企業やチェーン店は別ですが、独立・起業を志す初めのうちはしっかりとターゲットを絞り、そのターゲットに対してぶれない発信を行い、見込み客になってもらうことの方が重要です。

軸がぶれると、自分でも自分がなにをしているかわからなくなり、色々やっているのに結果が出ないという悪循環にはまってしまいます。

その他の質問も受け付け中!

何か疑問・質問が出ましたら、遠慮せずにお問い合わせくださいね。

メルマガのアドレスに返信を頂ければ個別にお答えしますので。

これからもご質問の多い事項についてはブログを通じてもお答えしていこうと思います!

そんな噂のメールマガジンはこちら↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする