自分のメリットよりも周りのメリットを考える

ID-10046977

独立・起業コンサルタントの沖です。

暑い日が続きますね。。。

外に出たくないので、自宅で甲子園見てます。

私も元球児なので、見ていてとても懐かしいです。

スポンサーリンク

PRとはファンになってもらうということ

さて、自己PRについての記事を書いてきました。


自己PRって逆効果だったりする

逆効果な自己PRをしないために。

起業するにも、集客するにも、サラリーマンとして成績を残すためにも、自分をPRして周りに知ってもらうということは必要不可欠です。

そのため、正しいPR方法をしっておく必要があります。

では、正しいPR方法ってどんなことだと思いますか?

それは

自分のメリットを考えない

ということです。

あなたのPR方法はどうですか?

上手くPRしているつもりで、知らず知らずのうちに自分勝手な押し売りをしてはいないでしょうか?

前にも書きましたが、押し売りって嫌われます。

そして、押し売りのようPR方法はPRではなく、ただの広告です。

本当の意味でのPRとは


「私(商品)のファンになってください!」

ってことなんです。

損得を考えると押し売りになってしまう!


例えば私が本を出版したとしましょう。

そこで、ブログを読んでくださっているあたなに

「来月、私の本が出版されます。ぜひ買ってください!」

ってお願いしたとしたら、これは押し売りになってしまいます。

これで買ってくれる人は稀ですし、むしろ「なんで買わなきゃならんの?」って思うのが普通でしょう。

さらに、「この人は自分の本を宣伝するためのツールとしてブログを書いているんだ。」とも思われるでしょう。

これではいけません。

押し売りをするのではなく、本の内容で特に重要な部分や伝えたい部分をブログで隠すことなく公開する方が良いです。

よく、「公開したら買ってもらえないんじゃないの?」って思う人もいますが、逆です。

公開して読んでもらうことで、更なる興味を持っていただくことに繋がるのです。

そうすれば仮に今回買っていただけなくても、覚えていてはもらえますし、次回は買っていただける可能性が高くなるでしょう。

これが正しいPRの姿勢です。

正しいPRのためには、損得を考えてはいけません。

自分のメリットではなく、周りのメリット、目の前のクライアントのメリットを考えて行動していきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする