転職したいと悩んだときに、絶対してはいけないこと。

転職が出来るならしたいなぁ…。

と、悩んでいるアナタ!

ID-10067342

スポンサーリンク

転職はだいたいキャリアダウン


転職したいと悩んだときに、絶対にしてはいけないことがあります。

私は今まで多くの転職者を見てきて、それを実感しました。

なんだと思いますか?

それは

転職をすること

です。

転職のお手伝いをする仕事をしている身で
このようなことを言うのは間違っているかもしれませんが、

悩んでする転職は間違いなく良い結果になりません。

そもそも
なぜサラリーマンは転職を考えるのでしょうか?

多くの場合は、
現在の仕事に何かしら不満やモヤモヤ感があり

今のままでは自分にとって満足なキャリアを築けない!
キャリアアップのために転職だ!

と考えて転職を考えているのです、

しかし考えてみてください
そのようなネガティブな思いで転職活動をしても
間違いなく失敗します。

仮に転職出来ても
転職先でまた同じことになり、
結局、数年後に再度転職活動を始めることになります。

私が見てきた実例を挙げます。

私たちの転職支援サービスを使い、
私たちの取引先であるA社に転職した人がいました。
しかし、
2年も経たないうちに、別の取引先であるB社に転職しました。

この人は社会人歴は5年ちょっとあるのですが、
転職を繰り返しているため、
昇給出来ず年収はほぼ変わっていません。

むしろ下がっています。

給料も上がらず、環境もあまり変わらず

キャリアアップどころかキャリアダウンになります。

そのため、転職しようと悩んでいる人、

特に20代後半から30代前半の人は
ほぼ間違いなく、キャリアダウンになるので
転職をすることはやめてください。

満足できる転職とは実は2パターンしかない


ちなみに
満足した転職が出来る人は
私の考えでは2パターンあります。

1つ目は、在籍していた会社が倒産したり、非正規で契約が打ち切られた場合。

2つ目は、とても優秀で1000万前後の年収を提示されてヘッドハンティングされる場合

この2つに共通していることは
悩んで転職したのではなく

するべくして転職したということです。

そうは言っても
転職に悩んでいる人は

こっちは真剣に悩んでいるんだ、それを「しないでください」の一言で片づけるな!

と思いますよね。

ではどうするべきでしょうか?

経験者の意見を聞くことの大切さ


まずは意見を聞くことが大切です。

それも正しい意見です。

なので、

転職エージェント等の意見はダメです。

エージェントは転職を成立させることでお金をもらっている
ビジネスなので、無理矢理でも転職をさせようとしてきます。

そもそもエージェントも新卒でエージェント会社に入っている人も少なくないので、
転職希望者の気持ちはわからないでしょう。

では誰に意見を聞くべきでしょうか?

私は

同年代、つまり20代後半~30代前半くらいの転職経験者

もしくは

個人事業主など雇われない生活を送っている人

に聞くのが一番良いでしょう。

転職に悩んでいる人は
現状に何かしらの不満があるはずです。

転職経験者はその不満がわかります。

個人事業主はそもそも志向がサラリーマンとは違うので
生き方の選択肢を増やすための手助けになる意見が聞けます。

身近に転職経験者や個人事業主がいないという人もいます。

しかし、昔と違い現代はインターネットやSNSなどが発達しているので、探そうと思えば自ら簡単に探せます。

私も転職経験者なので、
私のブログを読んでいただいている時点で、
転職経験者は見つけたことになります。

もちろん私も相談に乗ります。

転職で悩んでいる方は
実際に行動に移す前に様々な手段で情報を集め、
様々な意見を聞くことで

自分は本当に転職がしたいのか?

転職することで何を成し遂げたいのか?

それは転職以外の手段では成し遂げられないのか?

転職以外の他の手段は本当にないのだろうか?

手助けを得る中で深堀して考え、
自分の本当の気持ちを改めて確かめましょう。

もちろん、周りに上記に書いたような人がいない方は、参考までに私の古巣でもあるリクルートに一度相談してみても良いと思います。

「意外と良い求人あるじゃん!」「転職活動ってやっぱりこんなもんか」という判断材料になるからです。

面談は無料なのでぜひご利用してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする