女性こそ起業に本気で挑戦する価値がある。

ID-100109205

こんにちは。

独立・起業コンサルタントの沖 成章です。

独立や起業について女性からのお問い合わせが増えています。

メルマガも女性の方に多くご登録いただいております。

実はこれは予想外でした。

独立・起業・集客支援のコンサルティングを行おうと決めたとき、私の中で想定していた当初のターゲットはサラリーマンの男性だったからです。

ですが、実際に始めてみると女性からのお問い合わせが多かったり、セミナーの参加者も女性の方が多いときがあります。

色々お話を聞いているうちに、女性こそ起業に向いているのではないのか、と思うようになりました。

初めに言っておきますが、私は男性なので女性の実際の状況や気持ちについては間違って理解をしている部分もあるかと思います。

私が女性のクライアント、セミナー参加者、奥さん、女友達などから色々と感じました。

スポンサーリンク

女性差別はまだまだある

やっぱりありますよ。

就職や転職の場面では特に顕著です。

私は転職者の支援をやっていたので、あからさまに女性が敬遠される現場を見てきました。

仕事上で女とは一緒にやれない

どうせすぐ辞めるから雇いたくない

子供が出来たら残業させられないから使いずらい

女性雇用について最近うるさいから仕方なく雇っている

女は事務でもやっていれば十分

こんな声を、採用の現場からは本当に耳にします。

もちろん、組織構成上の問題で雇えないことはあるでしょう。

ですが、ほとんどが単なる差別か女性の事情を理解していないだけです。

残念ながらこれが現実です。

女性が働きやすい企業や女性が第一線で活躍している企業も以前よりは増えてきましたが、まだまだそうはいかない企業の方が多いです。

自分で人生を創っていける

独立・起業は大きな責任を伴う一方で、今まで縛られていた多くのものから解放されます。

もちろんそれは女性に限った話ではなく男性も同様ですが、女性の方が様々な制約に縛られていると思います。

男の場合、時間的制約や経済的制約、会社で自分のやりたいことが出来ない、上司から言われることしか出来ない、せいぜいこんなもんでしょう。

女性の場合、これらに加えて先程述べた就職の制約、出世しにくい、結婚、出産、子育て、ワークライフバランスなどなど、間違いなく男性よりも多くの制約があります。

独立・起業すると、そのような制約から解放されます。

これは私自身の考えですが、起業とは自分の理想を実現するため、自分の理想の人生を送るための手段です。

自分が持っている可能性を自分自身で引き出していくということです。

つまり、一般的な女性の生き方を求められたり、他の人たちと比べられたりすることなく、自分の人生を自分自身で創り上げて彩っていくことが可能になるのです。

もちろん起業するということは雇われているときとは違い、一定の収入が約束されていたり、労働時間が決まっていたりすることもありません。

そういう意味では大変に感じるかもしれませんが、制約された中で生きていくよりは、挑戦してみる方が結果的には良い人生になるのではないかなと思っています。

女性が持つ強み

私の場合、一番接している女性は奥さんですが、普段話していて「そんな発想あるんだ、すげーな」とか「良く思いつくな」とか「そういうニーズを感じているんだ」とか感じることが多くあります。

新しいビジネスのアイデアが何となく浮かんで来たら、まずは奥さんに話してます。そこから自分一人だけでは思いつかなかったような助言をもらったりします。

男性の私が言うのも変かもしれませんが、女性の方が圧倒的に発想力が豊かです。

そして何より、マーケットの市場感については女性のほうが間違いなく良い感覚を持っています。

これには理由があります。

それは、「女性はプロの消費者」であるからです。

人によって差はあるかもしれませんが、男性よりも多くのものを消費しています。

女性は浪費家だ!って言っているわけではありませんよ(笑)

化粧品や衣類、雑貨など様々なものに関心を持っているということです。

消費することのプロだからこそ、商品やサービスに対しての不満や改善点に敏感です。

そこから、「こうしたらもっと使いやすくなるのに」とか「ここが良くなればこのサービスをもっと使うのに」というアイデアが生まれます。

それは既存の商品やサービスを変えて、新たなビジネスを作り出すきっかけです。

新たなアイデアやビジネスは考えていて突然生まれるものではありません。

普段の生活で「あったら良いな」と思えるところから生まれます。

そういうことに対する感度が、女性は非常に優れていると感じています。

まとめ

男のくせに女性についてつらつら書かせて頂きました。

女性の持つ感性や発想から新しいビジネスを生み出すことは十分に可能です!

「ここは違うぞ」とか「その考えは間違っている」という意見がありましたら遠慮なく連絡ください。

そこから私自身も気づきが生まれ、新たな考えに繋がっていくと思っていますので。

就職・転職は「女性だからダメ」ってことがありますが独立・起業ではそんなことはありません。

ご自身の経験と感性を活かしていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする