ネタ探しは難しくない!

独立・起業コンサルタントの沖です。

朝からテレビで甲子園を見てます。
今日は好カードが多いですね!私は元球児なので、やはり甲子園は見てて楽しいです。

前回の記事「ブログは財産 」でブログの重要性について書きました。

ブログを毎日のように更新しているとネタがなくなってしまう、という相談を結構受けるので、今回はネタ探しについて書きます。

スポンサーリンク

すぐに使える役立ちネタを書く!

まず初めに、ブログを書く上で注意すべきなのは、面白いネタを書こうとしてはいけない、ということです。

確かに、芸能ニュースやTwitterなどで炎上したりしているネタを書くとブログのアクセス数は一時的に上がります。

芸能人の不倫とかのニュースは暇つぶしとして、拡散したりします。

しかし、そんな内容のブログが拡散したところで、それを見た人はその記事に対して価値を見出すことはありません。

むしろ、「くだらないことを書いているな」と思われてしまいます。

ブログに書くべきことはただ一つ。

「役に立つネタ」

です。

仕事に関することでも、お金に関することでも、ファッションに関することでも何でもかまいません。
時事問題に対する意見やあなたなりの解決策でも良いでしょう。

要は読んでいる人が「生活が快適になる」「知っていないと恥になる」「明日から実践できる」「共感できる」と感じる内容で書くのです。

資産運用についてファイナンシャル・プランナーがアドバイスしたり、アパレルショップの店員がファッションについてアドバイスしたり。

つまり、「そうだったのか!」と思ってもらえる役立ちネタを書いてこそ、ブログを書く意味・価値があります。

しかし、そのような役立ちネタを毎日毎日書き続けることは大変だと、あなたは思いますか?

実は意外と大変ではありません。

あなたの得意なことや好きなことを自由に書けばいい

なぜならあなたは、あなたの専門分野、つまり好きなことや得意なこと、過去の経験から得たことを書けばいいのであって、特別なことを書く必要はないのです。

例えば私だったら、元銀行員としても目線から見た資産運用方法、リクルート時代に感じた労働市場に対する問題意識、起業・独立に対する意義、これらを通じて学んだマーケティング手法などを自由に書いています。

初めは私も、「こんなこと書いてもみんな知ってると思うし、興味ないだろう」と思っていました。

しかし、友人やビジネス仲間から「これは知らなかった!沖さんだから知ってる情報なんですね。」と言われて、初めて自分の専門性に気づきました。

このようなことは、プロである本人にとっては当たり前のことなので、私が以前思っていたように「こんなこと書いても価値はないだろう。」と勘違いしてしまいがちなのです。

「灯台もと暗し」と言いますが、まさにその通りです。

あなたがブログを書くことで、読者に有益な情報を与えることの出来るネタは、実はすぐ近くにあります。

その、あなたの専門性に磨きをかければ、ブログのネタが尽きることはありません。

自分の専門性をどんどん磨いて、どんどんブログを更新していきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする