「実現したいこと×強み」が決まればビジネスはスムーズに始められます。

独立・起業準備コンサルタントの沖です。

起業を志したら、まずやるべきことがあります。

それは、どの分野で事業を始めるかの決定です。

スポンサーリンク

分野を絞り込むために図解する

まぁ基本的には好きなこととかやりたいことを軸にしていけばいいと思いますが、それだと失敗するリスクも少なからずあるので、ある程度は絞り込む必要があります。

そのための基本的な考えをまとめてみました。

①あなたの好きなこと、あなたのやりたいこと、あなたが実現したいこと

②自分が出来ること、得意なこと

③社会や消費者が求めていること

この3つが重なる分野を見極めることが重要です。

さらにもう一つ重要なことがあります。

④数字で検証して問題がないこと

これら4つをもう少し詳しく解説していきますね。

あなたが人生で実現したいこととは

根本的な質問になりますが、

「あなたはなぜ独立・起業したいのでしょうか?」

それぞれ色々あると思います。

・会社を辞めたいから

・お金儲けがしたいから

・好きなことを自由にやりたいから

まぁこんな理由でも、個人的には良いと思ってます。

ただし、何よりも大切なことは

「独立・起業するということは、あなたの限られた人生の限られた時間の中で何を実現したいのか」

という想いを持つことです。

こーゆー信念って大事です。

だって、あなたがお客さんで、とあるカフェに入って、その店のオーナーに

「なぜカフェの経営を始めたんですか?」

って尋ねて

「生活のため」

とか

「コーヒーは稼ぐネタになりそうだったから」

とか答えたとします。

一方で、別のカフェのオーナーは同じ質問に対して、

「カフェという場を提供することで、お客様に家庭でも職場でもない第三の場所を提供したい」

とか

「私が出会った素晴らしいコーヒーを一人でも多くの人に提供したい」

とか答えたら、あなたはどっちのカフェの常連になりたいと思いますか?

つまり、あなたに「信念」がなければ、あなたが独立・起業したときに同じような目で見られるのです。

ちなみに私の理念は、

「やりたいことを夢のままで終わらせず、一人でも多くの人がやりたいことで自立出来る世の中をつくる」

これを通じて

「社会に流されずに、人生の主導権を自分で握れる人を増やす」

です。

理念、つまり何が実現したいかということは独立・起業する分野を選択する基準の一つになります。

あなたが、独立・起業を考えたら、あなた自身の理念を考えて、確立しましょう。

強みを活かせばやりやすくなる

まーでも、

「人生で実現したいこと」

なんて壮大なこと、思いつかない!って人もいるかと思います。

そんなときは、

「自分に出来ること」

を基準に、あなた自身の棚卸をしましょう。

自己分析ってやつですね。

自己分析って難しいかと思うかもしれませんが、実は簡単です。

あなたが生まれてから今に至るまでの人生を紙に書き出せばいいんです。

・過去の経験

・持ってる資格やスキル

・あなたの性格

・好きなこと、特技、趣味

こんな感じにキーワードを出していき、その中からあなたの強みを発見すればいいんです。

例えば、

・就職してからずっと営業をやってきたので営業トークには自信がある

⇒人にアドバイスをし納得してもらうことが出来る

・昔から趣味でアクセサリーを作ってきた

⇒一人ひとりのイメージや好みに合わせた世界に一つだけの商品を作ることが出来る

・学生の頃、サークルや団体の代表をしてイベントを運営してきた

⇒大人数をまとめ上げて一つの方向へ向かわせることが出来る

まぁこんな感じで色々と強みは活かせるわけですね。

自分自身を棚卸して、強みを発見することが、独立・起業した後に事業を軌道に乗せる近道になります。

何が出来るか、つまりあなたの強みは何か、これを意識することが独立・起業する分野を選択する二つ目の基準になります。

まとめ

以上が冒頭で示した、①と②です。

独立・起業するためのアイデアや軌道に乗せるための近道は、実は自分の中にすでに存在してるんですよね。

でも、それに気づいていない人も多いし、気づけない人も多いんじゃないかなって思います。

自分自身を棚卸して、第三者に自分の考えを発信したりしていくと、だんだんと気づいていくものです。

あなたが何かやりたいこととかを考えていたら、どんどん発信していきましょう。

ちょっと長くなったので、

③社会や消費者が求めていること

④数字で検証して問題がないこと

は次回の記事で書かせていただきます!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする