サラリーマンとしての仕事を辞めたいのならば辞めてしまえ

辞める

風邪薬を飲む夢を見たら本当に風邪をひきました。

独立・起業準備コンサルタントの沖 成章です。

さて、今日はいきなり批判されそうな刺激的なタイトルを付けてしまいました。

私のブログはサラリーマンを辞めて独立・起業したい人向けに書いていますので、実際アクセスを解析すると「仕事辞めたい」とか「脱サラ」とか「独立・起業」という検索ワードでのアクセスが圧倒的に多くなってきています。

つまり人によって多少の差はあれど、サラリーマンとしての仕事を辞めたいという点は共通しています。

「辞めてしまえ」というのは言い過ぎかもしれませんが、「辞めたい」という気持ちは独立・起業するためには非常に重要な感情なので、今日はその辺りについて書きます。

スポンサーリンク

本当に辞められるの?

「仕事を辞めたい」とか「仕事が辛い」とか言っている人はたくさんいます。それはもうそこら辺にいます。

ですが、「独立・起業するために今日すぐに仕事辞められる?」と問われたときに実際に辞めるという選択をする人は稀です。

生活があるので、まぁ当然のことでしょう。

では、「仕事辞めるための準備しているか?」と問いかけるとどうでしょう?

おそらくほとんどの方が「特に何もしていない」と答える人が大半だと思います。

こんな状態で本当に仕事を辞めることが出来るのでしょうか?

答えはNOです。

当たり前ですよね。

仕事を辞めるってのは、リスクがあるものです。

仕事を辞めたら、今まで当たり前のようにもらっていた毎月の給料がなくなるわけですからね。

今までサラリーマンとして毎日会社に行って、会社から与えられた環境で業務を行う毎日を過ごしていた人が、その「会社」という後ろ盾がなくなったら出来ることがかなり限られます。

会社での実績がどんなにあっても、いきなり一個人としてお金を稼ぐのは難しいでしょう。

だから、仕事を辞めたいと思うならば、それ相応の準備をするべきです。

仕事を辞める覚悟をするべきだ

私が一番伝えたいことはこれです。

「あなたは本当に今の仕事を辞める覚悟があるのか?」

今回の記事は少々過激なタイトルを付けましたが、このタイトルを見て

「そんなにすぐに辞められるわけないじゃん!」

「言うのは簡単だけど、本当に辞めるのは中々難しいんだ」

「生活があるんだし、現実見てから物言えよ」etc…

きっとこのように感じるでしょう。

はい、確かにその通りです。その感想は間違っていません。

しかし、そのように感じる人は独立・起業は諦めてサラリーマンとしての仕事をこれからも続けていく方が良いと思います。

仕事を辞めたければ辞めろと言われて、本当に辞めることが難しいということは十分理解しています。

でも、独立・起業して自分の力で収入を得て行くことは、サラリーマンとは比べ物にならないほど大変なことです。

特にスタートアップ時は休日なんか関係ないし、友人と遊びに行ったり飲みに行ったりすることも出来ません。

このように厳しい状況になるからこそ、

「仕事を辞めたければ辞めろ」

と言われて、ネガティブな感情が出てくるようではいけません。

大変そうだし、生活も厳しくなるし、収入も不安定になるかもしれないけれど、それでも新しいことを始めて作り上げていくことにワクワクするという気持ちが重要です。

つまり、仕事を辞める覚悟が必要になります。

仕事を辞めたいという感情は重要

「仕事を辞めたい」と聞くと、一見ネガティブな印象を受けるかもしれません。

しかし、この気持ちは大切です。

なぜなら、独立・起業するための原動力になるからです。

そして何より、その「辞めたい理由」の反対にあるものこそが、自分が本当にやりたいことやワクワクするものだったりするからです。

例えば私は営業をやっていましたが、与えられた商材をノルマのために飛び込み営業やテレアポを行いトークとノリだけで売る行為が本当に嫌いで、ずっと辞めたいと思っていました。

だから今は売り込みをしないWEBマーケティングに力を入れて集客し、決まった商材を売るのではなく、その人に合ったものを提供するコンサルティングを行っています。

自分に合わないスタイルで決まった商材を売るよりも、ずっとワクワクしますし楽しいです。

「辞めたい」という気持ちをネガティブに捉えずに、しっかりと向き合って自分にとって一番ワクワクすることを見つけていくのが良いですね。

まとめ

「仕事を辞めたければ辞めろ」なんてタイトルを付けましたが、今すぐに辞める必要はありません。

ただし、本当に辞めたいと思っているのならば、それ相応の覚悟を持ちましょう。

そして、自分の理想像を持ち、それが今のままでは叶わないのならば、叶えるためにはどうすれば良いのかを逆算していく必要があります。

その手段が独立・起業ならば、仕事を辞める覚悟を持って、自分に必要なものを得るためにあえて厳しい道を進んでいきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする