Googleアナリティクスの(not provided)と(not set)について。

google-analytics

三連休はいかがお過ごしでしたか?

私は引越しと、奥さんによる掃除&ゴミ出し命令、家具の買い出しで全て潰れました。

独立・起業準備コンサルタントの沖 成章(おき なりあき)です。

私のブログを読んでくださっている方の中には、ご自身でブログやホームページを運営している方もいらっしゃると思います。

自身のサイトを運営する際には、やはりアクセス数が気になるところですよね。

また、アクセス元はどこなのか、どんなキーワードでアクセスしたのかをしっかり把握することで今後のサイト運営に活かすことが出来ます。

結局はコンバージョンを上げていくことが重要ですからね。

私はアクセス解析に、「Googleアナリティクス」を利用しています。

「Googleアナリティクス」を使っている人は多いですよね。

そこで、私のブログにはどんなキーワードでたどり着くのか調べていたら、やたら(not provided)とか(not set)が多くて、初めて見たときは「なんじゃこりゃ?」ってなりました。

notsetnotproviede

この赤で囲んである部分です。(数日前にGoogleアナリティクスのアカウントを新しくしたのでアクセスが今月の適正値ではありませんが、気にしないでください。)

見たことある方も多いと思います。

私自身が良くわかっていなかったので、実際に調べてみたことをメモ的な意味で今回の記事は書かせていただきます。

参考にして頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

(not provided)は教えません!

まず、(not provided)についてです。

これはGoogleが

「どんな検索ワードでアクセスしたか教えませんよ~!」

ということです。

なぜこのようなことが起きるのかと言うと、Googleがユーザーのプライバシー保護のためデータの送受信に関して暗号化しているからです。

これは2012年の3月頃からにそうなったらしいですね。

やっかいなのは、Googleアカウントにログインしているユーザーだけでなく、ログインしていないユーザーに対しても適用されているってこと。

だから、(not provided)の数が異様に増えているってわけです。

yahoo等、他の検索エンジンは今のところ適用されていないようなので、普通に検索ワードが表示されます。

ですが、やっぱりGoogle経由でのアクセスが圧倒的に多いので、どうしても(not provided)が増えてしまいます。

色々試してみたり、調べてみたりしましたが、(not provided)に関しては正直どうしようもない。

正確な検索ワードを割り出すのはほぼ無理っぽいです。

(not set)はわかんない!

続いて(not set)ですが、こちらは通常だったら検索ワードを取得できる状態であるものの、何らかの原因でアクセスが解析出来なかったときに表示されます。

つまり、Googleがわからなかった、ということ。

こちらも調べてみたのですが、多くは場合は「Yahoo!リスティング広告」経由でのアクセスがが原因とのことです。

同じ広告でもGoogleAdwordの場合は自動的に設定してくれるので、GoogleAdword経由でアクセスがあった場合は(not set)とは表示されず、GoogleAdword経由で来ましたよ~という風にわかるようになっているとのこと。

私はGoogleAdwordはSEOワードの検討で使っているだけで、実際に広告を出しているわけではないので詳細はちょっとわかりません。

すみません。

そして、Yahoo!リスティング広告経由の場合は自分でカスタマイズして、Googleアナリティクスがアクセスデータを取り込んでくれる状態にしなければならないとのこと。

でも、ちょっと待て。私はYahoo!リスティング広告は使ってないぞ?

じゃあなんでこんなに(not set)が多いんだ?

と思って、自分で更に調べて自分で色々いじってみました。

そしたら一つ、何となく原因が見えてきました。

WordPressのプラグインの一つである「All in One SEO Pack」です。

WordPressでブログやホームページを運営している方にとってはポピュラーなプラグインですよね。

どうもこいつをGooleアナリティクスに連動させる必要があるようです。

ちょっと私がこれから試してみるので、結果が出たらまた改めて記事を書きます。

まとめ

今回の記事は完全な解決策を提示するものではありませんでしたが、同じことを疑問に思っている人も多くいると思います。

私自身、ブログを書き出して結構経ちますが、まだまだ分からないことも多いので日々勉強し、試行錯誤しています。

また、(not provided)のパターンのようにGoogleの仕様の変更で突然予期しなかったことが起きる可能性は今後も十分にあるでしょう。

色々試してみて、結果が出たらまたブログを通じてご報告しますね。

では、今日はこの辺りで!