資格は死角だらけです。

独立・起業コンサルタントの沖です。

不安定な将来に備えて、資格の取得に励んでいる人が増えてきています。

しかし、それは本当に正しいことなのでしょうか?

ID-10028863

スポンサーリンク

資格を持っていても食っていけなくなっている

もちろん、
資格がなければ出来ない仕事があります。

弁護士や公認会計士などがそうですよね。

自分は弁護士になるんだ!

という強い想いを持って資格の勉強に励むことは間違っていません。

また、
私は銀行員時代に業務に対する知識を付けるため銀行業務検定を定期的に受験していました。
このような自己啓発のための勉強も良いことであると思います。

ですが、

将来、食っていくために資格を取る

というのは間違っているでしょう。

というのも、資格があれば食っていけるという考えは、もう過去のものになっているからです。

たとえその資格が、弁護士や公認会計士など、かつては花形と言われたもの同様です。

就職できない弁護士

というニュースをあなたも見たことがあるかと思います。

どこに事務所にも所属できず、自力でも仕事が取れず、年収300万に満たない弁護士もいます。

もちろん、
大きな裁判などを扱っている有名な弁護士は億単位で稼いでいます。

大きな二極化が進んでおり、
圧倒的に「仕事がない」弁護士が増えているのです。

これは公認会計士や税理士、司法書士、行政書士、社労士などの
いわゆる「士業」の方々に共通しています。

ある社労士の話


私が実際にお手伝いをさせていただいた方で、
社労士の資格をお持ちの方がいました。

しかし、その方は社労士事務所には就職できず
民間企業に勤務し、社労士の資格を全く活かせない状態でした。

そこで転職を希望したものの、
社労士の資格を活かせる仕事は見つかりませんでした。

稀に社労士資格保有者限定の求人もありますが、
そういうところは求める経験や能力も高く、
かつ社労士資格を活かせていない多くの方が応募するため、
倍率は非常に高くなります。

結局、その方は転職しないという結論を出しました。

予備校やテキストにお金をかけ、
一年近く試験勉強をしたにもかかわらず、
得るものは「資格」だけで、それ以外は何も得ることが出来ませんでした。

私は、社労士の資格を活かすのであれば独立するのが良いと思っています。

しかし、人脈もノウハウも何もない状態で独立は難しいので、
まずは週末起業のような形で、ちょっとした相談に乗る相談会などを開くように勧めました。

資格を活かすために自分の見せ方を学ぶ


このように、
ただ資格を取っただけでは変わることはほとんどないのです。

なので、
資格を取るための勉強よりも、自分の見せ方を勉強したほうが良いと思っています。

自分の見え方を学び、
正しく自分を売り出していかなければなりません。

そうすれば、
お客さんやあなたのファンが少しずつ出来てきます。

そうなってきて初めて、
資格の力を活かすことが出来ます。

資格の死角に飲み込まれないように、
まずは自分の見せ方を学んでいきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする