有期雇用について考えたことがありますか?

この4月から、

「改正労働契約法」

が施行されました。

ID-10095091

スポンサーリンク

正社員を増やそうとした結果、職を失う人が増えていく


これは連続5年を超えて働いた契約社員などの有期雇用労働者が申請すれば、会社はその人を無期雇用に、つまり正社員にしなければならないというものです。

この法律の目的は無期雇用労働者を増やすということです。

一見、この法律が施行により、非正規の労働者も雇い止めを心配することなく働き続けられるようになれると思えます。

しかし、これには一つ大きな問題点があります。

それは何かというと

有期労働者を無期雇用にしたくない企業が5年以内で雇い止めにする

ということです。

これは実際に現場を見ていると、
ものすごく実感します。


私のいた会社においても今年に入り、今までは行われていた契約社員の更新制度がなくなったそうです。

事実上の雇い止めです。


その他の例として、法律施行前にカフェのチェーン店、ベローチェを運営するシャノアールが4年雇い止めを行いました。

大阪大学や早稲田大学も有期雇用の通算年数を原則5年以内とし事実上の雇い止めを行いました。

無期雇用労働者を増やすことが目的で法改正が行われたのに


多くの有期労働者が解雇されてしまっているという本末転倒な事態になってしまっています。

その原因の根本は

企業が労働者を使い捨てにしたい

ということがあると思います。

有期雇用は労働者にとって何もメリットはない


そもそも私は一つ問いたいことがあります。
それは


有期労働という雇用形態はあっていいのか?

ということです。

働き方を多様化することで雇用の幅を広げたり子育てなどのために自ら望んでパートタイム労働を行うという面では有期労働もありだと思いますが。


有期雇用そのものは労働者にとってなんのメリットもありません。

ヨーロッパなどでは、有期労働者の雇用の際にはかぜ有期でなければならないのか理由を求められます。

このような雇用前に規制があるのに対し、日本ではこのようなことに対する議論すらまともに行われていません。

私たち労働者は、このような労働問題を真剣に向き合わなければなりません。

労働問題について真剣に考えなければならない時が来ている


どれくらいの人が真剣に考えられているでしょうか?

労働問題は世の中のほぼ全ての人にかかわる問題です。

考えたところで何が出来るかわからないかもしれません。

考えたところでどう行動していけばいいのかわからないかもしれません。

しかし

考えなければ何も答えは出ません。

まずは真剣に考えることが大切です。

一人ひとりが真剣に考えることで
このような問題の答えに近づくことができ
改善につながっていくのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする