Google AdWordsを使ったSEOワードの選定方法

ID-10065457

独立・起業準備コンサルタントの沖 成章です。

ブログやホームページを運営いる以上、GoogleやYahooの検索結果で自分のブログや自社のホームページが上位に表示させたいと思ってることでしょう。

そのためにSEO対策をしている方も多いと思います。

ただ、SEO対策と言うと、初心者にはハードルが高く感じてしまうかもしれません。

SEO対策のための業者もいるくらいですから、専門家でなければSEO対策は出来ないのではと思ってしまうのも当然です。

確かに、専門家ではわからないくらい難易度の高いものもあります。

ですが、ブログやホームページのアクセスアップをするということであれば、正直、初心者でも出来ます。

昨日ブログを始めた人でも、今日ブログを始めた人でも、まさに今ブログを始めた人でも出来ます。

今日は誰でも出来る簡単なSEO対策をご紹介します。

スポンサーリンク

タイトルが重要

言うまでもありませんが、タイトルが大切です。

ブログ記事のタイトルに検索されるSEOワードを盛り込みます。

記事の本文にSEOワードを盛り込むことも大切ですが、タイトルに入れなければほとんど検索エンジンには引っかからないと言っても過言ではありません。

私もブログ記事のタイトルを決めるのには時間をかけます。

大体、1記事書くのに平均1時間くらいかかっているのですが、その中でもタイトルには10~15分くらいかけたりしています。

それくらいタイトルというものは重要なんです。

では、そのタイトルをどのようにして決めればいいのか?

私はいくつかのツールを使ってタイトルのワードを決めていますが、一番よく使っているのはGoogle AdWordsです。

Google AdWordsとは

Google AdWordsというものは簡単に言うと、Googleの検索結果に連動して表示されるWEB広告を提供するサービスです。

広告を載せたい人は掲載したい広告と、その関連ワードを登録することで検索結果に広告を掲載することが出来ます。

例えば「WEBマーケティング」で検索するとこのようになります。

Adwords

この、赤で囲んであるところが、Google AdWordsによって表示された広告です。

詳しくはこちらをご覧になってください。

Google AdWordsを使って適したSEOワードを探そう

Google AdWordsの使い方ですが、まだ登録をしてない方は登録することろから始めましょう。

「Google AdWords」で検索すれば出てきますので、後はGoogleのアカウントがあれば簡単に登録できますので、ここでは手順は省略させていただきます。

ログインするとこのような画面が出てきます。

キーワード

赤線で囲ってあるキーワードプランナーを選んでください。

次のような画面になります。

検索ワード

ここをクリックするとキーワードを入力する画面になるので、タイトルに使おうとしているワードを入力してください。

今回は「起業」というワードを入れてみます。

すると次のような結果になります。

キャプチャ

月間検索ボリュームとは、一ヶ月にそのワードが検索されている検索回数です。

競合性はそのワードに対して、同じキーワードのサイトがどれくらいあるか、ということです。

つまり、月間検索ボリュームが高く、競合性が低いものがタイトルにする狙い目のワードと言うことになります。

今回の「起業」というワードは、検索されている回数は多いものの、競合も多いので、SEOワードとしてはあまり適しているとは言えません。

このようにして、タイトルを決めるときは検索ボリュームが多く、競合性の低いワードを意識していきましょう。

まとめ

SEOワードを意識してタイトルを付ければ、ブログを更新して時間が経った後でも、検索エンジン経由でアクセスがあります。

私のブログも一週間くらい全く更新しなくても、検索エンジン経由で一日数百アクセスあります。

また、自分が狙ったワードを経由してアクセスがあるということは、そのアクセスしてきた人はあなたの記事に興味があるということです。

つまり、見込み顧客の一人であるということです。

アクセスアップし、更に見込み顧客を的確に誘導できるのです。

せっかくブログやホームページを更新するのですから、更新して終わりではなく、その後も長く見ていただきたいですよね。

このようにSEOワードを意識してタイトルを付ければ、向こう数年間ずっとアクセスがあります。

ブログやホームページは記事の質も大切ですが、タイトルはもっと大切なので、Google AdWords等のツールを使ってしっかり考えて決めていきましょう!