飲み会に飲まれないように気を付けよう!

サラリーマンをしているとほぼ毎月開催されるイベントがあります

それは
会社の飲み会

ID-100187382

あなたは会社の飲み会は好きですか?

会社の飲み会のメリット・デメリットってなんだと思いますか?

私は会社の飲み会はあまり好きではありません。

スポンサーリンク

飲み会は無駄なことが多い

なぜ好きでないかの理由を一言で表すと

無駄

なんですよね。

時間もお金も。

私は銀行時代
月に5回は何かしらの飲み会がありました。

決起大会とか
歓送迎会とか
課の飲み会とか
月末会とか
飲み好きな上司の個人的な飲み会とか

お酒を飲むのは好きだし
普段仕事のことしか話さない人と
仕事以外の話が出来るのは良いなとか

上司とか支店長にお酒を注いで回るのは面倒だし
何かしら説教されたり一発芸を強要されたりして嫌だけど
そういう事を通じて名前や顔を覚えてもらえるから
まぁいいか

と思う一方で


この時間を試験勉強に使いたいな

とか

飲み会のお金を自己啓発などのために使いたいな

と思うようになりました。

銀行員は資格試験や知識つけるための勉強が多かったですからね。

それから、会社の飲み会があまり好きではなくなってしまいました。

まぁ嫌な上司や絡みにくい先輩はどこにもいると思いますが
飲み会のときはこういう人たちの行動が特に酷くなりますからね(笑)

確かに飲み会の場で
普段話さないことを話したり
相談事をして
アドバイスをもらうのは良いと思います。

ただ、みんな酔ってるので
そんな真剣な話は出来ないし
しようとしても
みんなで飲みに来ているので
出来ない場合も多いでしょう。

だったら、
仲の良い先輩や
直属の上司と
個人的に飲みに行ったほうが
有意義であると思います。

自分にとってのメリット・デメリットを考えて参加しよう

以上をまとめると
私が考える飲み会のメリット・デメリットは

メリット


普段話さない人と気軽に話せる

名前や顔を覚えてもらえる

デメリット


時間・お金の無駄

話は出来るが真剣な話は出来ない

一長一短なので
参加するなとは言いません。

ただ
全部に参加する必要もないでしょう。

飲み会に飲まれないためにも

自分自身で考え

参加して得るものがあると思うなら参加し
参加して得るものがないと思うなら参加しない

というスタイルが一番無駄がなくベストです。

結局は自分の意志で主導権を握ることが大切

今回は飲み会を例にして書きましたが
これは飲み会に限ったとこではありません。


何かが与えられたから


何かが企画されたから

このような理由で一方的に物事を受けるのではなく
自分自身で考えて結論を出すことによって


人生の主導権を握ることが出来るようになる

という事に繋がっていくのだという事を
今回の記事で一番伝えたいと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする