仕事中に倒れて明日お休みになった。

昨夜、大学時代の友人から、一通のメールが来ました。

今回の記事のタイトルは、そのメールの一文をそのまま記載しています。

 

仕事中に倒れて明日お休みになった。

 

ID-10041416

 

私のブログを読んでくださっているみなさんは、
当然、私の友人の事は知らないので、
まずはその友人の事を書きましょう。

私の友人はとある事業会社に務めていますが、労働時間が非常に長いらしいです。
7時出社、23時退社。

 
時には日付が変わる事もあり、

もちろん、土日出勤もざらにあるそうです。

しかし、いわゆるブラック企業ではありません。

会社全体としては決して労働時間が長い方ではないのですが、
友人が所属している部署の労働時間が長いそうです。

 
さらに、残業の申請がしずらい風潮らしく、半分以上がサービス残業になっているとのことです。

これを聞いて



それくらいの労働時間は別に長くない

サービス残業なんて当たり前だろ
と思う方も多くいるかと思います。

スポンサーリンク

あなたの考え、本音ですか?

しかし、
改めて考えてください。

 
それは本当に正しいですか?



お客様のためなら長時間労働してもいい

会社のためならサービス残業くらいしてもいい
そのような思いは確かに大切で、心からそう思える人は本当にすごいと思います。

でも、
大半の人が
出来れば残業しないで早く帰りたいし
残業するならしっかりと残業代をもらいたい
と思っているはずです。

本当は早く帰りたいのに残業をして体力的に疲れ
さらに


残業代がもらえない環境でモチベーションも上がらずに精神的に疲れ

結果、私の友人のように体調を崩し、倒れてしまいます。

逃げることは悪くない。現状を変える行動を起こそう。

最近は
過労により体調を崩す人や
精神的に疲れうつ病になってしまう人が多いと聞きます。

 
極め付けは、心身ともに疲れ果て
以前ニュースにもなったワタミの社員のように
自ら命を絶ってしまう人もいます。

 
おそらく、
そのように自ら命を絶ってしまう人も表沙汰になっていないだけで、
それなりにいるのではないかと思います。

電車が人身事故で止まると
私はこのようなことが
フッと頭によぎります。

どうか我慢はしないでください。
そうなる前に逃げてください。
そうなる前に他の道を探してください。

 
わからなければその状況を脱する情報を探してください。

それも見つからなければ、
親しい人や
知り合いや
専門家や
アドバイスをくれる人に聞いてください。

自分自身を大切にすることが大切

会社や仕事、お客様が大切なのは十分わかります。

しかし、
それ以上に大切なのは
自分自身
つまり

 
あなた自身です。

 
あなたの身に何かがあって
本気で心配してくれる人はたくさんいると思いますが、
会社やお客様は
そこまで本気で心配してくれるとは思いません。

 

ご自身のこと

もう一度よく振り返ってみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする