ブログは財産

ID-100109838

独立・起業コンサルタントの沖です。
本日もよろしくお願いします。

今日はブログを使ったマーケティングのお話です。

スポンサーリンク

マーケティングにブログは必須!

現代のような情報氾濫時代におけるマーケティング戦略では、やはりネットでの戦略は欠かせません。

そのような中で、今はfacebookが盛んに利用されていますが、ネットブランディングの基本はブログです。

特にインバウンド・マーケティングを行う場合、ブログの力は強大であり、必要不可欠なものです。

ブログを毎日更新して、それをfacebookやtwitterなどのSNSで拡散させて周りにお知らせするというのが一番良い方法です。

なぜなら、ブログならば比較的長い文章も読んでもらえ、書いた記事を蓄積することも出来るので、マーケティングをするうえで商品を売り込むための財産になります。

そのため、ブログは「ずっと残る財産」であるということを意識して、丁寧に書く必要があります。

と、言うのも、ブログはtwitterなどとは違い、興味を持った人はたまたま目にした記事だけだなく、今までの過去記事も目にすることが多いからです。

過去記事が手抜きのものだったりすると、せっかく興味を持ってくれた人も冷めてしまいます。

なので、書いた記事はいきなりアップせずに、下書きをしてから精査したほうが良いでしょう。

文字でびっしりなのも読みずらいので、三行に一行くらいの行間を空けたほうが読みやすいです。

ブログは1記事、1記事が財産であり、あなたの信用そのものであるので、確認やメンテナンスは怠らないようにしましょう。

ブログは専門性に特化した営業ツール

そしてビジネスブログは、ただ大勢の人に読んでもらえば良いというものではありません。

あなたに「仕事をお願いしたい」と思ってくれる人に向けた「営業ツール」なのです。

あなたが弁護士であるならば、人気の美容室を探している人ではなく、「法律に関して悩みを抱えている人」にアクセスしてもらってこそ意味があります。

そのため、あなたにとってどんぴしゃなお客さんにアクセスしてもらうには、あなたの仕事や提供するサービスに関するキーワードを入れることが効果的です。

例えば私の場合だと「独立・起業」「キャリア」「マーケティング」などですね。

WEBマーケティングを行う場合、ブログは必須です。
しかし、ブログのことを芸能人の日記程度にしか思っていない人が多くいることも事実です。
また、記事を蓄積していってこそ意味があるものなので、効果が出るまで時間がかかります。

このように確かに即効性はありませんが、インバウンド・マーケティング自体が即効性がないものなので、コツコツと少しずつ続けていくことが大切です。

あなたがインバウンド・マーケティングを実践していくためにも、まずは少しずつでいいのでブログを書いて財産を蓄積していきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする