脱サラして独立・起業するために必要な3つのポイント

ID-10070016

独立・起業準備コンサルタントの沖です。

先週よりメルマガの配信を開始いたしました。

「メールで起業講座~7日でわかるビジネスを0→1にする方法~」

配信を開始してまだ一週間程度ですが、多くの方に購読いただき嬉しい限りです。

このメルマガは、主に現在サラリーマンとして働いているけれど脱サラして起業したい、という方に向けて起業してビジネスを始めるために必要な基礎的なスキルや考え方について書かせていただいてます。

このブログでも振り返りの意味を込めて、改めて独立・起業するためのポイントをピックアップして書いていきたいと思います。

今日は、独立・起業が上手くいくための3つのポイントについて書いていきます。

スポンサーリンク

①共通部分を認識する

共通部分とは、あなたが好きな分野や得意な分野と、周りが興味を持つ分野が重なっている部分のことです。

図で表すとこんな感じ。

共通部分!

あなたが好きなことや得意なことだけに注目するのではなく、そこに他人の興味がどれくらいあるのか、ということについても検討しましょう。

そして、その他人の興味は、あなたがやることに対してお金を払ってもいいというほど強いものであればあるほど上手くいきやすい。

このように書くと、

「好きなことで独立・起業したいけど、結局は選択肢が絞られてしまうじゃないか」

とあなたは思うかもしれません。

でも、そんなことはありません。大丈夫。

あなたがやりたいと思っていることをGoogleやyahooで検索してみてください。

必ず何件もヒットします。

つまり、興味を持っている人はそれだけいるってことなのです。

大切なのは、

「あなたがやりたいことと他人の興味が重なる共通部分についてどのようにして発していって、興味を持つ人にどのようにして届けるか」

ということなのです。

これが出来れば、ビジネスとして成り立つ可能性は非常に高くなります。

②あなたのスキルを使っていく

スキルを転用する、というのは今あなたが持っているスキルをそのまま起業のネタにするということでありません。

関連した別のスキルを使うということです。

例えば、あなたが営業職であったら単に商品を売り込むことが上手いだけではないはずです。

売り込む商品を他の商品よりも良く見せ、お客さんにとって魅力的なものであるとアピールする能力に長けているということになる。

また、医者だって単に医学に詳しいだけでというわけではない。

患者さんの状態を日々把握しなければならないので、コミュニケーション能力や管理能力も普通の人よりも長けているはずです。

つまり、

あなたが得意なことは一つではない

ということです。

専門分野で独立・起業というと、その分野の専門家である必要があると思われがちです。

しかし実際は、独立・起業を成功させるためには必ずしもその分野の第一人者である必要はないのです。

あなたの持つスキルは一つだけではないはずです。

あなたが持ついくつかのスキルのうち、他人の役に立つだろうというものについて、再度考えてみましょう。

③成功のための計算式

この2つのポイントをまとめると3つ目のポイントが見えてきます。

つまり、

必要とされているもの+スキル=成功

ということです。

ビジネスの基本はこれに尽きます。

世の中にあるビジネスは全てこの計算式で成り立っていると言っても過言ではありません。

メーカーは必要とされている商品があり、それを作るスキルがあるから成功する。

弁護士だったら必要とされている知識があり、それに応えるだけの知識やスキルを身につけているから成功する。

この計算式を意識すれば、あなたが考えているビジネスも成功します。間違いなく。

まとめ

独立・起業を難しいものだと考えがちですが、基本的に必要なのは次の3つだけです。

①製品・サービス=売るもの

②お金を払う人=顧客

③どのように顧客に届けるか=売り方

これだけです。

売るものがなければビジネスにならない、買う人がいなければビジネスにはならない、売る手段がなければビジネスにならない。

単純な話ですよね。

ここまで読んでいただければ、独立・起業って決して難しいものではなく、今の時代では誰にでも出来るものであると感じてもらえたでしょうか?

脱サラしての独立・起業について考えているだけでは始まりません。

まずは気負わずに、上記の3点を踏まえて、あなたが出来るところからビジネスを始めてみましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする