採用活動が解禁になってから就職活動を始めるのでは失敗してしまうぞ

c53a3380fbdab5fe26f364b247ffd326_m

おはようございます、沖 成章(@nariaki_oki)です。

気づけばもう3月になりました。

なんか最近平日休日関わらず一日が過ぎるのが早く感じます。

時間は有効に使わないとあっという間に人生後半になってしまうなーと感じます。

昨日から就職活動の会社説明会が解禁になり、リクナビやマイナビ等の就活サイトでエントリーが開始されましたね!

今年から活動期間がさらに後ろ倒しされて短期勝負になるので、就活生にはぜひ全力で頑張ってもらいたいです。

スポンサーリンク

就職活動はずっと前から始まっている

けっこう勘違いをしている人も多いかと思うのですが、3月1日に解禁になったのはあくまでも「採用活動」であって、「就職活動」ではありません。

「採用活動」とは、企業が採用の動きを正式に開始して、学生は企業にエントリーをしたり、説明会に参加したりして実際に選考を受けることです。

ですが、「就職活動」というものは「採用活動」とイコールになるものではありません。

「就職活動」とは、自分が望む人生のキャリアを築いていけるようになるための準備をする活動です。

「将来海外で仕事をしたい、総合商社で海外営業として世界を駆け巡りたい」、と思っているのであれば、英語力を付けるために海外へ留学することも就職活動の一部です。

「IT企業に就職して新しいサービスを作りたい」、と思っているのであれば、在学中に独学でプログラミングの勉強をしたり今の時代であれば簡単なアプリを作ってリリースしてみるというもの就職活動の一部でしょう。

つまり、何も企業の募集に応募して説明会に出席し、書類を提出し、採用選考を受けることが「就職活動」ではないのです。

解禁になってから動き出したのでは失敗する

テレビを見ていると「今年の企業の採用活動は3月1日から!」という感じのニュースを結構見かけますが、これは学生に誤解を与えかねません。

これはまるで「就職活動」のスタートが3月1日であるかのようです。

しかし、実際は上記で述べたように、ずっと前から始まってます。

3月1日になってから、「どこの会社を受けようかな~」とか「どこか受かれば良いから色々受けよう」という気持ちでリクナビとかに載っている企業を見始めた人は必ずと言っていいほど失敗します。

望んでいる企業や業界に入れる可能性は低く、仮に入れたとしても入ってから「こんな感じだったんだ、イメージ違ったな。。。」という感じにミスマッチを起こしてしまう可能性が非常に高いです。

これは今も昔も一緒です。

私が大学生の時、採用活動の開始時期は10月1日でした。

私はリクナビのプレエントリーくらいはしていましたが、10月1日になるまでは就職についてあまり真剣に考えておらず、「名前聞けばわかるくらいの大手企業」か「安定してそうな金融業界」に入れたらいいな~、程度でした。

だから当然企業や業界のことなんてわからず、エントリーの段階で初めて総合商社に入るには英語力がほぼ必須なんだと知ったくらいです。

もしそのことを知っていて、本気で総合商社に入りたいという思いがもう少し前からあったら、もっとTOEICの勉強をしましたし、夏休みをバイトと遊びで過ごすのではなく、英語圏に短期留学していたと思います。

ただ、私はそれをしなかった。出来なかった。

「就職活動」ではなく「採用活動」に意識が行っていたからです。

こんな状態だったので、私自身の就職活動はボロボロでした。

ただでさえリーマンショックの後で厳しい状況。

典型的なダメな側の就活生であったと思います。

何社応募したかわかりませんでしたが、面接では月並みな志望動機しか言えない。

OB訪問をしても先輩に強いダメ出しをされる。

書類選考にも面接にも落ちまくる。

当時は本気で鬱になるかと思いましたが、こういう結果が続いたもの、自分の将来のキャリアを考えた「就職活動」をしていなかったからだと、今になって強く思います。

何とか地元の銀行に内定もらって、そこしか選択肢がなく、入社しました。

が、結局3年も経たないで転職してしまいました。

周りにもこんな感じのパターンになった友人が結構います。

一方、入社してから今に至るまで仕事が楽しく活き活きと働いている友人もいます(会社の規模や知名度は問わず)。

「就職活動」の差が、卒業してから数年たった後に確実に出てきます。

まとめ

「将来のキャリアなんてわからない」という人も多くいると思います。

また、既に3月になってしまい採用活動は始まっているので、今更そんなこと言われても、と感じる人もいるでしょう。

今からでも良い。

精一杯やって欲しい。

OB訪問をたくさんするのも良いし、採用とは直接関係のないイベントに参加するのでも良い。

「企業に応募すること」が目的にならないように、後悔しないようにやって欲しい。

そう強く思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする